MENU

歯茎の臭い対策について

女性の歯茎

 

歯茎が発端となる臭い・・・

 

もし、実際にそうなのであれば、
そのニオイの原因には歯周病が関わっている可能性が一番高いです。

 

歯周病が進行していけば
歯や歯茎は徐々に侵食されて
溶かされて、歯肉炎や歯周炎といった症状になっていきます。

 

そして、その特徴ともいえるのが強い口臭です。

 

歯周病はその症状にかなり段階があり、
軽度の人も含めると成人以上ならかなりの割合の人がかかっているといわれています。

 

そして症状の重さによって臭いの強さも変わってくるわけです。

 

自分が歯周病か否かを確認する方法としては
歯磨きした際に歯茎から出血するかどうかというのがあります。

 

歯茎が健康であれば実はかなり
強めにブラッシングしても本来は出血等しません。

 

出血しやすい状態にあるということは
歯周病に汚染されている可能性が大であり、
臭いの特徴としても血生臭さというのが大きなポイントです。

 

歯茎からの臭いの対策は?

歯茎が臭い、つまり歯周病にまつわる臭いの
対策はなんといっても歯医者に行くことが近道です。

 

歯周病の予防が進行を遅延させる
というのは自分でもできますし、大事なのですが、
ある程度進行してしまった歯周病は歯と歯茎の
溝の深くまで侵食している場合が多く、そこまでいくと
歯磨き等でももはやどうすることもできません。

 

歯医者さんで麻酔を打った上で、
歯茎の深くまでエグルように歯周病を除去してもらう必要があります。

 

そうすることで歯周病ならではの
血生臭い臭いを対策することができます。

 

そして、治療後はその予防の為に
歯磨きや洗口等をしっかりすることがとにかく大事!

 

おそらく歯医者さんもアドバイスされるでしょう。

 

⇒歯周病予防にもオススメ!オーラクリスターゼロとは?!

 

このページの先頭へ