MENU

口臭予防には口内pHを気にすることが大切

 

近年、口腔内トラブルの重要点の1つとして
注目されているのが「酸蝕歯(さんしょくし)」です。

 

これは酸の強い、食べ物や飲み物を口にすることにより
口内が酸性に偏り、歯や歯茎にダメージを与える現象です。

 

そういったダメージが蓄積されていくことにより、
歯周病のリスクもどんどんと高まるわけですが、

 

口臭と歯周病は切り離せない関係にあるため、
結果として口臭もきつくなってしまうということです。

 

ちなみに歯の表面を覆うエナメル質を溶かすのは
pH5.5以下の飲み物なんだとか

 

身近なところだと、
コーラ、スポーツドリンク、りんごジュース、
そして、ビールなんかも入ってしまうようです。

 

特にコーラなんかはpH が約2.2なので
かなりの酸性になってしまうため、飲む際には注意が
必要だということです。

 

とはいうものの多くの飲み物が正直言って
5.5は下回っています。

 

それを気にしていたら飲める飲み物は
ほとんどなくなってしまいます。

 

ですので対策としてはまず、強い酸性の飲食物を
口にしてしまったと思ったら、、できるだけ早期に口の中を
水、もしくはお茶なんかでゆすいであげることでしょう。

 

関連ページ

口臭の原因は舌の上にあった?!
口臭の原因は舌の上にありました。
このページの先頭へ