MENU

オーラクリスターゼロの副作用について

オーラクリスターゼロ

 

オーラクリスターゼロの製品としての
分類としては’’医薬部外品’’です。

 

薬事上、効果効能が謳われている
一方で、その反面出てくる心配が副作用についてです。

 

医薬部外品にはいわゆる有効成分と
呼ばれる、効果効能が国を通じて認められて
いる成分が含まれています。

 

そして、この有効成分には効果があるが
ゆえに副作用の可能性というのがあるわけです。

 

毒と薬は紙一重で、作り方等で
どちらにでもなりえるというのはよく聞くところかと思います。

 

もちろん、使う人や使い方次第の
ところが大きいのですが、副作用の可能性は0ではないということ!

 

そして、オーラクリスターゼロにはそういった
副作用の可能性のある有効成分が2つ含まれています。

 

1つがイソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)です。

 

これは口腔内雑菌をやっつけて
口臭を断つ重要な役割を果たしている成分です。

 

菌を殺すわけなので副作用もありそう・・・・

 

と思ったのですが、意外にも
そういった副作用的な報告はほぼなく
非常に安全な成分だと認知されているようです。

 

そして、もう1つがアラントインという
抗炎症作用をもった成分。

 

これについてもシメン-5-オールと
同様に非常に安全性の高い成分であることが知られているようです。

 

このように医薬部外品のオーラクリスターゼロでは
ありますが、特に口に含んで毎日使うものなだけ
あって、入れている成分も厳選した安全性の高いものなのかもしれません。

 

いずれにしても安心して毎日使える
のはなにより一番重要なところですしね!

 

⇒オーラクリスターゼロが唯一買える公式サイトはコチラ

 

このページの先頭へ